海でも川でもプールでもお風呂でも
水がある場所に遭遇してしまうと
入らずにはいられない。
ちょっとだけ足捲りして。
Tシャツとパンツになってドボンと。
誰もいないから裸で。
エスカレートするのをを繰り返すうちに
どこへでも水着を持っていくようになった。

すっぽりと頭までもぐる 水が私を包む。
何にも邪魔されない
この世界私は水としか接していない。
大きく水を抱き寄せると
カラダがくるくるまわり
水は遊んでくれる。

人魚になりたい人は多いのだろうか。
そんな秘薬をくれる魔女はいないだろうが
人類科学の叡智で
そんな時代よやって来い。
水をHUGした・・・